社長あいさつ

宮大工であった祖父と前任である父親が、村人に頼まれて1本のお棺造りを手掛けたことから、弊社設立のきっかけとなったと聞いております。
昭和47年、私もこの葬祭業界に入り、世の中の移り変わりとともに、葬儀の流れを見て参りました。 
近年では、家族のみで執り行う簡素化した葬儀が需要とされています。我々も当然、ご遺族のご意志、ご要望を最優先として考えますから、その需要に応じられるよう対応しております。
ただ、変わってはいけないと念ずるのは、「送る人のこころ」。これは、いつの時代も、どの時代でも、大切な人を送る気持ちに変わりはないはずです。低予算内でも、まごころこもった供養のお手伝い、遺族のサポートをしていくこと、これが我々プロとしての使命であると考えております。
私は生粋の西大寺生まれの西大寺育ち。この町に恩返し出来ますよう、地域の皆様方に必要とされ、困った時に思い出していただける企業で在りますよう、今後も誠心誠意努めて参ります。

株式会社東部典礼 代表取締役 光本 和右